湯たんぽは陶器がおすすめその保温性と効果とメリット、使い方

温活生活

湯たんぽは陶器がおすすめその保温性と効果とメリット、使い方

投稿日:2017年3月12日 更新日:

先人の知恵、湯たんぽが見直されてから久しいですが、湯たんぽといっても軽量のプラスチック製から、ゴム製、昔なつかしいブリキの湯たんぽまで種類はいろいろ。その中でも冷え性の方に超オススメ!なのが陶器の湯たんぽです。

でも、重たそうだし(実際に重いです)割れ物だし(扱いには注意が必要)、なんか面倒じゃない?と思われるかもしれませんが、使ってみるとその使い心地の良さにびっくりするかもしれません。

スポンサーリンク

湯たんぽは陶器がおすすめその保温性と効果とメリット

その1 バツグンの保温力

まずきめの細かく粘りのある土を焼いたものから出来ているので、綿密にかたまり強度があります。
そして耐火性、保温性に優れているので、長時間中のお湯が冷めません。
冷え性には本当に有り難い持続力です。
お湯を入れて(陶器の割れを防ぐためには70℃くらいがよいそうです。私は熱湯を入れちゃうことが多いんですが、今のところ大丈夫です。でも気温が低い場合は気をつけたほうがよさそうですね。)
キルトやフェルトなどの厚手の袋に入れておけば、朝までホカホカ、もちろん中のお湯は洗顔に使います。
一晩寝かせたお湯は土の効果なのかなぜかまろやかになっています。
水道水で直接顔を洗うよりいいのでは?と思っています。
はじめて使った時はその保温力にびっくり!もっと早く使いたかった〜と思ったものです。

その2 体から水分を奪いません

電気毛布やあんかのように体から水分を奪いませんので、健康にとてもいいですし、肌を乾燥から守ってくれます。
乾燥肌の人にはおすすめです。

スポンサーリンク

その3 遠赤外線の効果があります

遠赤外線の効果でじんわり温かいんです。
電気の温かさとは質が違う温かさで体の芯までじっくり温めてくれます。
体の芯まで届く温かさなんですよ。
芯まで温まるので深い眠りを得られ、疲労回復、質の高い眠り、血行促進、などなどいいことづくめです。
私は陶製湯たんぽを使うようになってから足先が冷えてなかなか寝付けないなんてことがなくなりました。
直接湯たんぽに足をのせたりせず、少し離したところにおいたほうが、遠赤外線の効果を実感出来ます。
なにか、じわじわと温かい波動のようなものを感じます。
冷え性の人ほどこの効果は感じられるのではないかと思います。

その4 見た目も美しい!

自然素材なので、部屋にそのまま置いてあっても違和感がありません。
シンプルな外観とまるいぽってりした外観は愛着がもてます。

湯たんぽは陶器がおすすめその使い方

70℃くらいのお湯を8分目くらいまで入れて栓をしっかり閉めたら
厚手のカバーに入れて、(私はカバーのかわりにフリースの膝掛けにくるんでいます。)
寝る30分前くらいに布団の足元にいれておきます。
寝る時は布団がほかほかになっています。
足元が温かいので「頭寒足熱」状態になり
足が冷えて眠れないなんてことがなくなるでしょう。

そして日中も湯たんぽを膝の上にのせて、
うえからブランケットをかければ、即席のこたつになりますし、
イスに座る場合は足の下に湯たんぽをおいて、
その上に足をのせブランケットをかけます。
そうすると下半身が温まりとても快適になります。

この陶製湯たんぽを紹介してくれた友達は、
なんと夏場でも職場のクーラーで冷えてしまうので
足の下に湯たんぽをおいて
冷えから体を守っているそうです。

まとめ

冬に限らず陶製湯たんぽは年間を通して活躍します。
冷え性の方にはオススメです。

スポンサーリンク

-温活生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷えを防止するには3つの首を温めよう!冷え症対策グッズも紹介!

スポンサーリンク 冬になると手足がいつも冷たくて辛い、体を動かすのが億劫だ、肩が凝るなんてことはありませんか? そんな末端冷え症のあなたに、私が普段からしているちょっとした冷え対策をご紹介します。 ち …

夏バテするの原因の一つ冷房による体調不良の症状と予防について

スポンサーリンク 猛暑が続くと食欲がなくなったり、体がだるくてやる気が起きない、疲れがとれないなど体調不良になることがあります。 一般的に「夏バテ」「暑気あたり」などと呼ばれていますが、その原因のひと …

乾燥しょうがと生しょうがの違いは?その作り方と使い方を紹介

スポンサーリンク 春も近くなり、寒さも少しづつ和らいでくる頃は急に寒くなったり、暖かくなったり、この季節って着るものも難しいしいですよね。 うっかり昼間に暖かいからとついつい薄着をして出かけて、日が暮 …

冷えを改善するには正しい半身浴のやり方とコツをつかんで体を温めよう

スポンサーリンク 半身浴は以前から知っていたのですが、上半身を湯船に浸けないというのが なんだか寒そうに感じてなかなか実行に移せないでいました。 しかし、やってみると体が芯から温まりとても快適でした。 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。