ひな祭りに雛あられを食べたり菱餅を飾る意味や由来を紹介

季節の行事

ひな祭りに雛あられを食べたりひし餅を飾る意味や由来を紹介

投稿日:2019年2月24日 更新日:

3月3日は女の子の健やかな成長を願うお節句、ひな祭りです。

お雛様や桃の花を飾ってお祝いしたり、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物を食べたりした思い出のある方も多いと思います。

ひな祭りに食べるものといえば、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、甘酒などが思い浮かびますが、ひな祭りに食べるお菓子といえば雛あられや菱餅がありますね。

どちらも春らしい白、ピンク、薄緑色が象徴的に使われています。

なぜひな祭りに雛あられや菱餅を飾ったり、食べたりするようになったのでしょうか?

その意味や由来を紹介します。

スポンサーリンク

ひな祭りに雛あられを食べる意味や由来

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事ですが、雛あられもまた娘の健康を祈願する意味が込められています。

雛あられは「桃色、緑、黄、白」の4色で構成されているものが多く、それぞれ「桃色ー春、緑ー夏、黄ー秋、しろー冬」というように四季を表しています。

一年を通じて健康でありますようにという願いが込められているんですね。

また、「白、緑、赤」と3色で構成されている場合もあります。

これは白が雪の大地、緑が木々の芽吹き、赤が血と命を象徴していて、自然のエネルギーを得られるようにという願いが込められています。

ひな人形は「娘の病気や厄災の身代わりになるように」と飾られるようになりましたが、ひなあられを用意しておくことは、その意味合いをさらに深いものにしているんですね。

ひな祭りに菱餅を飾ったり食べたりする意味や由来

段飾りのお雛様には必ずと言っていいほど、菱餅が飾られていますよね?

日本人にとってお餅はお祝い事には欠かせないものですが、雛あられ同様に色にはそれぞれ意味があるのでしょうか?

そしてなぜひし形なのでしょう?

ひし餅は、菱形で緑色・白色・桃色(ピンク)の3段重ねからなり、ひな祭りならではの和菓子です。

ひし餅を食べることで身を清めて厄をはらい、雛あられと同様に「一年間健やかに過ごせるように」という願いが込められているとされています。

まず最初にひな祭りの起源とされている上巳の節供(じょうみ/じょうしの節供)が中国から日本に伝わった頃は、よもぎ餅を食べる習慣があり、魔除けや厄除けの意味がありました。

江戸時代になると菱の実の白いお餅が加わって2色の菱型のお餅になりました。

そして明治時代ににはクチナシを使った桃色の餅も加わり、3段重ねの現在の形が出来上がりました。

色付けのために混ぜられているクチナシやよもぎは、どちらも邪気を払うと信じられてきた植物で、娘を邪気から守りたいという願いが込められているのです。

3色のお餅を重ねる順番にも意味があり、一番下の緑色は雪が溶けて現れた春の大地の芽吹きを象徴しています。

真中の白は雪を、その上のピンクは桃の花を表しています。

そしてひし餅が菱形をしているのは、心臓・心を表しているとされています。

スポンサーリンク

雛あられと菱餅をセットで飾る意味は?

ひな祭りのお菓子として、雛あられと菱餅は欠かせないものですね。

なぜセットで飾るようになったのでしょうか?

昔は雛人形に外の景色を見せる風習で「ひなの国見せ」というものがありました。

そのときにひし餅を外で食べやすくするために、砕いて作ったのが雛あられであると言われています。

そこからひし餅と雛あられがセットで食べられるようになったようです。

まとめ

春の代表的な行事のひな祭りですが、雛あられやひし餅にもそれぞれに意味がありました。

ひな祭りの良き思い出に、ご家庭でお子さんと雛あられや菱餅を食べることがあれば、意味や由来を伝えてあげるといいですね。

幼い頃に親や祖父母から伝え聞いた話は、大人になってもよく覚えているものです。

どうぞ楽しいひな祭りをお過ごしくださいね。

こちらも参考に→ひな祭りの折り紙で雛あられを入れるのにピッタリ!つの香箱の折り方
こちらも参考に→ひな祭りの折り紙でひなあられを入れるのにピッタリ!三方の折り方

スポンサーリンク

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

室内用鯉のぼりが人気!手軽でおしゃれなもの5選を紹介します♪

五月晴れの空に悠々と泳ぐ鯉のぼり、見ているだけで嬉しい気持ちになりますね。 最近は住宅事情もあり、屋外に鯉のぼりを立てる家も年々少なくなっているように思います。 屋外に鯉のぼりを立てるのは難しいけれど …

七夕飾り|仙台七夕まつりの伝統の七つ飾りを紹介

子ども時代に折り紙で七夕飾りを作った方も多いと思います。 三角や四角に折った折り紙に切り込みを交互に入れて、 開くと編み目が出来ていて、簡単だけれど仕上がりが結構複雑になるので、 いくつも作って楽しか …

七夕の起源や由来と笹飾りの意味、星のお皿の作り方

七夕の頃になるとあちこちで笹(竹)に飾られたカラフルな短冊が、風にゆらゆらと揺れてにぎやかな様を見かけるようになります。 七夕について知っていることはどんなことですか? 織り姫と彦星が一年に一度だけ会 …

節分の豆入れを折り紙で簡単に作る〜作り方を紹介①台形の箱

節分の豆まきで豆を入れる箱、子どもの頃、折り紙で作った方も多いかと思います。 大人になって作ってみようとしたら・・・?? こんな感じ?んーなんだか違う。。ビミョーに違う。。 思い出せない・・・という方 …

鯉のぼりの工作で簡単なものマスキングテープでおしゃれに手作り!

ミニ鯉のぼりをおしゃれなマスキングテープを使って作ります。 作り方はいたって簡単です。 あっという間に出来ますのでぜひチャレンジしてみてください♪ スポンサーリンク

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。