鎌倉であじさいを見るならココがオススメ 

お出かけ

鎌倉であじさいを見るならココがオススメ 

投稿日:2017年3月22日 更新日:

関東近郊のあじさいの人気スポットにはよく鎌倉が登場しますが、
最近はメデイアでもシーズンになると必ず取り上げられるので、
有名なところは入場制限がでるほどの人出です。

そこで今日は、人気スポットから穴場まで、
鎌倉であじさいが見れる場所をご紹介します。

スポンサーリンク

あじさいで有名な三大人気スポット

鎌倉は山に囲まれているので日影が多く、
また海からの風で湿気もあるので、
あじさいの育てやすい環境のようです。
それに加えてお寺が多く、
お墓に手向けるお花として育てやすいあじさいが
好まれて植えられるようになったため
現在のようにシーズンになると
あじさいと鎌倉の風情を楽しむ人が
沢山訪れるようになりました。

明月院


まず紫陽花寺として有名な北鎌倉にある明月院です。
明月院ブルーと呼ばれるヒメアジサイが境内に2500株ほど植えられています。
あじさいの時期は8:30〜17:00(6月)に開いています。(普段は9:00〜16:00)
拝観料もこの時は300円→500円(高校生以上、小学生は300円)と値上げになります。
またこの時期は花菖蒲も美しくこの時期に特別公開される本堂後庭園は(入園料は別途500円かかりますが)一見の価値があります。
ぜひご覧になってください。
悟りの窓と呼ばれる丸窓から見える庭園もとても美しいですよ。

長谷寺

四季折々の花が咲く長谷寺ですが、特に6月に咲くあじさいの頃は素晴らしく、
山の傾斜地を利用して約40種、2500株のあじさいが植えられています。
散策路となっているあじさいの小径は眺望がすばらしく、
あじさい越しに由比ケ浜までの眺望が望めます。
近年はシーズン中は入場制限がかかったりしますので、
午前中の早い時間に行くのがオススメです。

成就院

参道の改修工事(工事は終了していますが、2017年はあじさいは咲きません)
であじさいはお休みの成就院ですが、
由比ケ浜を見渡せる参道(石段の数は煩悩の数と同じ108段)の
両側に植えられたあじさい(般若心経の文字数と同じ262株)
が美しい成就院です。
明月院、長谷寺、とともにあじさいの三大名所と言われています。
祀られている不動明王は縁結びのパワースポットとしても有名です。

スポンサーリンク

穴場スポット

人ごみを避けてひっそりと咲くあじさいを楽しみたいという方にオススメする穴場スポットです。

英勝寺

鎌倉で唯一の尼寺で、あじさいの美しさとともに、竹林の美しさでも有名です。
鎌食駅西口を出たら紀伊国屋の交差点を東京方面に歩いて行くと
線路沿いの左手に見えてくるのが英勝寺です。
門前には親切にも見頃のお花を知らせる札が掛けられています。
あじさいは境内のあちらこちらで咲いていて、しっとりした風情を楽しめます。
建物も重要文化財に指定されているものもあり、四季折々の花が見れるお寺で、
ゆっくり静かにあじさいを鑑賞したい方にはオススメです。

鎌倉宮

駅から少し離れていますが、
ヤマアジサイの見られる小径がある鎌倉宮もオススメです。
社殿の裏の神苑のひっそりとした林に咲くあじさいは静寂を感じさせ、
他のあじさいスポットとは趣を異にします。
特にヤマアジサイが豊富なので、山野草がお好きな方には
穴場だと思います。
西洋あじさいと違って、地味ですがあじさいの原種が楽しめます。
静かな雰囲気で散策したい方にオススメです。

東慶寺

北鎌倉の縁切り寺として有名な東慶寺もまたあじさいが美しいお寺です。
こちらは穴場とは言えないぐらい有名ですが、
山門に上がる階段の両脇に咲くあじさいのほかにも
境内にはあちこちにあじさいが植えられています。
また非常に手入れの行き届いたお寺で、
お庭を鑑賞するだけで
清々しい気持ちにさせてくれます。
お庭を見ながら頂く抹茶と和菓子もとても美味です。

またあじさいと時期を同じくして、
イワガラミが本堂裏の崖を覆い尽くすように咲き乱れます。
毎年、6月のイワガラミの咲く時期だけ(2週間弱)に
1日1〜2回の限定公開です。
1本の木から崖を覆い尽くすまで広がったイワガラミの可憐な白い花は
あじさいと共に必見ですよ〜。

円覚寺

北鎌倉の駅の前に建つ円覚寺ですが、
広い境内のあちらこちらであじさいを見ることが出来ます。
非常に広々としているので、明月院のように混雑感がありません。
ゆったりと散歩をしながら
あじさいを愛でることができます。
一息つくには円覚寺の如意庵にあるカフェ安寧がオススメです。

まとめ

円覚寺と東慶寺は人気のある有名なお寺ですが、
あじさい三大人気スポットの方に人が流れて
意外に空いている!ということもあるんですよ。
日によっては穴場になっている!ラッキー♪という
こともありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

晴れた日より、曇天の日の方があじさいが生き生きしていて
オススメです。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鎌倉あじさいの隠れた名所と人気撮影スポットを紹介

スポンサーリンク 首都圏から日帰りで行けるあじさいの名所として人気の鎌倉ですが、 有名なあじさい3大スポット(明月院、長谷寺、成就院)以外にも隠れたあじさいの名所が沢山あります。 あじさいは見たいけれ …

鎌倉の鶴岡八幡宮でホタル鑑賞?蛍放生祭&ほたるまつりの日程

鎌倉の鶴岡八幡宮で毎年6月になるとホタルが見られるのですが、ご存知でしたか?結構知る人ぞ知るという情報かもしれません。 果たしてホタルが生息できるような環境が鶴岡八幡宮にあるのでしょうか? スポンサー …

鎌倉花火大会のおすすめの場所と屋台について|中止の場合は?

毎年7月に開催される鎌倉花火大会は打ち上げ数は2500発と少なめですが、 古都鎌倉のイメージも手伝って、多くの人が訪れる花火大会になっています。 今年度(2017年)は一旦は中止と発表されましたがその …

クリスマスマーケットのおすすめは日比谷?赤レンガ?六本木?

クリスマスマーケット、最近は日本でもかなり周知されていますね。 おもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラしたヨーロッパのクリスマス市の様子を、ご覧になったことのある方も多いと思います。 スポンサーリン …

築地本願寺の盆踊りは日本一美味しい?日程や屋台の出店は?

東銀座にある築地本願寺の境内で毎年行われる納涼盆踊り大会は、築地の夏の風物詩です。 地元民だけでなく、このお祭りを目当てにわざわざ遠方から訪れる人も多い人気の盆踊り大会で、2017年は記念すべき第70 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。