イースターに羊毛でつくるかわいいぽんぽんうさぎ

季節の行事

イースターに羊毛でつくるかわいいぽんぽんうさぎ

投稿日:2017年3月27日 更新日:


ハロウィンは日本に大分浸透していますが、
イースターも少しずつ定着してきそうな気配ですね。
ディズニーランドのディスプレイも春先は卵だらけになるとか?
今日はイースターに因んだうさぎを羊毛で作ってみたいと
思います。

スポンサーリンク

イースターって何の日?

イースターとはキリスト教の復活祭のお祭りです。

毎年変わる日付は、ちょっとわかりづらいのですが
その年の「春分の日を過ぎた満月のあとにくる最初の日曜日」
になります。
ちなみに2018年は4月16日、2019年は4月1日です。

イースターにうさぎや卵が飾られるのはなぜ?

イースターにうさぎや卵のアイテムが用いられるのは
うさぎは多産のなので、生命の繁栄を、
卵は命の復活を象徴しているからです。

ぽんぽんうさぎを作ってみましょう

では、早速ぽんぽんうさぎを作ってみましょう。
とっても簡単!親子で作っても楽しめますよ!
(小さいお子さんにはちょきちょき羊毛を切るところから
やってもらいましょう。)

 

材料:白羊毛(帯状になったスライバーを使いました)3g×2
白い毛糸(羊毛をくくる時と頭部と胴をつなぐ時に使います)
プラスチックの挿し目 4mm
耳用薄地のフェルト生地(白)少量

ハサミ(よく切れるハサミを使うとうまく作れます)
ボンド
ほお紅

 

① 人差し指と中指2本に指の付け根から指先へ向かって

羊毛を巻き付けていきます。

② 帯状になった羊毛をそっと指からはずします。

③ はずした羊毛の端と端を合わせて、

④ 真ん中を毛糸で2周させて括ります。

そのとき1周目の毛糸にも糸をかけます(くぐらせ結びといいます)

スポンサーリンク

⑤ 同じようにもうひとつ作ります。

⑥ このような形になります。

⑦ 輪になった部分(2カ所)をはさみで切り開きます。

⑧ ハサミで少しずつ様子をみながら卵型をイメージしながら
形作ります。

一度に短く切ってしまうと、切りすぎたときにもとに戻せませんので、
少しづつ羊毛を回しながら全体的に切っていきます。

⑨ 胴部分と頭部と大小2つ作ります。

⑩ 玉留めをした毛糸を胴体から頭部に抜き差して、
また胴体に戻します。もう一度同じことを繰り返したら
最後は玉留めはしないで、ギリギリのところで切ります。

⑪ さし目とフェルトで作った耳を仮につけてみて、
よければボンドで接着します。
※耳は薄手のフェルト地をお好みの大きさでこん棒形に切ります。
耳の根元の方をあらかじめボンドなどをつけて乾かし、固くしておきます。

⑫ お好みで耳の内側やほっぺに、
綿棒の先に軽くほお紅をつけて、
赤くしてもいいでしょう。

まとめ

とっても簡単!羊毛でつくるぽんぽんうさぎ、いかがでしたでしょうか?
羊毛が手に入らなければ、毛糸でやってみてもいいですね。
プラスチックのさし目もユザワヤなどにありますが、
家にあるビーズや布で代用できますよ!

ぽんぽんを作る要領でカラフルな羊毛を使ってイースター卵を
作ることも出来ます。

新芽の出始めた雲竜柳などに吊るして飾ると素敵です。
うさぎと卵でぜひお部屋に春を呼び込みましょう!

スポンサーリンク

-季節の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分で鬼が持つ金棒を手作りしよう!子供と一緒に簡単工作

              節分に子どもたちは「鬼は外、福は内」と豆をまき、鬼の役はお父さん(?)でしょうか。 鬼のお面は作っても …

室内用鯉のぼりが人気!手軽でおしゃれなもの5選を紹介します♪

五月晴れの空に悠々と泳ぐ鯉のぼり、見ているだけで嬉しい気持ちになりますね。 最近は住宅事情もあり、屋外に鯉のぼりを立てる家も年々少なくなっているように思います。 屋外に鯉のぼりを立てるのは難しいけれど …

コーヒーフィルターでにじみ絵お雛様の作り方簡単工作

スポンサーリンク   コーヒーフィルターはアイデア次第で色々な工作に使えます。 今回はコーヒーフィルターを水彩絵の具で染めて可愛いお雛様を作りました。 保育園や幼稚園のお雛様工作にいかがでし …

ハロウィンのお菓子入れを画用紙で簡単につくる作り方キャンディバッグに挑戦!

スポンサーリンク ハロウィンで子ども達がtrick or treat!!と家々を回って、お菓子をもらった時に入れるキャンディバックを作ってみませんか? 簡単な折り紙ですが、シンプルでとってもかわいいバ …

七夕に短冊に願い事を書く由来と子供の書いた面白い例

スポンサーリンク 七夕の頃になると、スーパーや子どものための施設で笹竹につけられた色とりどりの短冊をみかけます。 子ども達の書いた短冊を見るのは楽しいものです。 超現実的なお願いから、清廉な子どもの心 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。