七夕に使う笹の水揚げの方法・笹や短冊の後始末はどうしてる?

季節の行事

七夕に使う笹の水揚げの方法・笹や短冊の後始末はどうしてる?

投稿日:2017年4月4日 更新日:


笹や竹は穫ってきた時こそみずみずしいけれど、
あっという間に乾燥し葉が丸まって棒のようになってしまいがっかりしたことはありませんか?
七夕飾りも青々とした葉がついている笹や竹に飾ると、七夕飾りが映えてとてもきれいです。
水揚げが難しい笹や竹ですが、上手に水揚げする方法がないか調べてみました。

また、子ども達が願いを込めて書いた短冊は七夕が終わったあとはどうしていますか?
その処理の仕方も合わせて調べました。

スポンサーリンク

笹や竹の水揚げの方法

もともと七夕は一夜飾りが基本です。
6日に飾り付けて、7日には片付けてしまいます。
でもせっかく作った七夕飾りや願い事を書いた短冊を
一夜で片付けてしまうのは子ども達もがっかりするでしょうから
もう少し飾ってもいいのではないでしょうか?

笹や竹はあっという間に葉が丸まってしまいますから
できれば、飾る直前に切るのが望ましいですね。

竹の節を抜く方法

①切ったあとはなるべく全体を水につけておく、
濡れた新聞紙に包むなどして
水分を飛ばさないように注意します。

②細めの竹や笹なら根元を
酢水(水:酢=3:2が目安)につけると長持ちするそうです。

③太い竹なら一番下の節だけ残して
上の節を先の尖った棒や金具(寸切や鉄筋など)をあて
金槌などでたたき節を抜いてしまいます。
その場合、上部の茎が細いと棒が入らないので、
ある程度の太さのところで切り落としておき
そこから節を抜いていきます。

すぐに熱湯を口の部分までそそぎいれて
一旦捨てます。内側の皮が熱湯によって
はがれますので、水が上がりやすくなります。
下から水を与えるのと一緒に竹の中にも
上から水を注ぎ入れ両方から水を補給するようにします。
水はすぐに減るので毎日補給します。

④またもうひとつのやり方として
同様に節を抜いた竹の中に
上から塩をひとつまみ入れた
お湯を注ぎ、翌日まで葉が丸まっていなければ
水揚げがうまくいっているそうです。

どちらのやり方にしても
竹の中の節を抜いて水の通りをよくすることが
ポイントですね。

竹の節の直下に穴をあける方法

竹の節に穴をあけるのが難しい場合は節の数だけ、
その節のすぐ下にドリルなどで穴をあけてそこから水を入れるやり方もあります。

 

はじめにキリなどで、ドリルが入りやすくなるように印をつけてから電動ドリルで穴を空けます。
節の数だけその直下にドリルで穴を空けていきます。

その穴から先の細くなった容器で水を入れます。
このときは小さなおもちゃの注射器で入れたらうまくいきました。
水がこぼれないようにテープで塞いでおきます。

実際にやってみた結果は!?
笹竹を採ってから半日くらい経ってからやったこともあるかもしれませんが、水揚げはしませんでした。。
また来年は笹竹を切った直後にやってみたいと思います。

一番確実なのは?

一番確実なのは大きすぎない鉢植えの竹を購入することです。
根付きであれば水揚げの心配はいらないですからね。
しかしあまり店頭で販売しているのは見かけませんね。
そのような時はお花屋さんや植木屋さんに注文すれば取り寄せてくれます。

スポンサーリンク

笹や短冊の後始末はどうしたらいいの?


七夕飾りは六日に飾り付けて七日には片付けるのが一般的ですが、
最近ではイベントとして楽しむ感覚になっていると思いますので
あまりこだわらずに何日か飾って七夕の雰囲気を楽しむといいと思います。
子ども達もせっかく作った七夕飾りや短冊を
一夜で片付けてしまうのは残念に思うでしょう。

七夕飾りは祭事が終わったあとは
願いが成就するように海や川に流すのが習わしでした。
現代では環境問題を考えると
時代にあった処理方法ではなくなってしまいました。

笹や竹は短く切って自治体の決まりにそって
ゴミとして処分するのが適当でしょう。

作った飾りは凝ったものは来年も使うようにとっておき、
その他の飾りや願い事を書いた短冊は
①燃やすゴミとして出す。
後ろめたい気持ちになる方は白い紙(和紙など)に包んで出すといいでしょう。
②神社にお焚き上げしてもらう
お焚き上げしてもらえるかどうか直接確かめましょう。
③自分で燃やす
都市部では住宅事情もありますし、条例でたき火を禁じているところも
あるので昨今は難しいかもしれませんね。

まとめ

最近では100円ショップでプラスチック製の
笹も売っていますが、やはり興ざめですし、
子ども達には生き生きした生命力のある生の笹や竹に
触れさせたいですね。
たとえ葉が丸まってしまっても
手触りや匂いがありますし
生木には生命力が宿っているので
祭り事には本物を使うことが望ましいと思います。

笹や七夕飾りは願いをのせて海や川に流せればロマンチックですが、
環境問題を考えれば時代に添った処理を選びましょう。

どうぞたのしい七夕をお過ごし下さい。

スポンサーリンク

-季節の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハロウィンのクラフトでカボチャの簡単でおしゃれなグッズを作ろう!

スポンサーリンク もうすっかり日本の季節の行事に根付いたハロウィンですが、最近は仮装も一段と凝ってきて派手になってきていますね。 お子さんと楽しむご家庭も多いのではないでしょうか? 手作り衣装とまでは …

七夕の起源や由来と笹飾りの意味、星のお皿の作り方

七夕の頃になるとあちこちで笹(竹)に飾られたカラフルな短冊が、風にゆらゆらと揺れてにぎやかな様を見かけるようになります。 七夕について知っていることはどんなことですか? 織り姫と彦星が一年に一度だけ会 …

七夕飾り|仙台七夕まつりの伝統の七つ飾りを紹介

子ども時代に折り紙で七夕飾りを作った方も多いと思います。 三角や四角に折った折り紙に切り込みを交互に入れて、 開くと編み目が出来ていて、簡単だけれど仕上がりが結構複雑になるので、 いくつも作って楽しか …

ひな祭りの折り紙でひなあられを入れるのにおすすめ!三方の折り方

スポンサーリンク 神様へのお供え物をのせる四角い木の台のことを三方(さんぽう)と言います。 お月見のお団子をのせる台と言った方がイメージしやすいかもしれません。 折り紙で三方を折ってみましょう。 ひな …

ハロウィンのお菓子入れを画用紙で簡単につくる作り方キャンディバッグに挑戦!

スポンサーリンク ハロウィンで子ども達がtrick or treat!!と家々を回って、お菓子をもらった時に入れるキャンディバックを作ってみませんか? 簡単な折り紙ですが、シンプルでとってもかわいいバ …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。