紫外線対策はいつから?スキンケアの方法と人気グッズ6つを紹介

生活

紫外線対策はいつから?スキンケアの方法と人気グッズ6つを紹介

投稿日:


ゴールデンウイークも近づくとそろそろ日差しも気になりだし、
帽子をかぶったり、日焼け止めもつけなくちゃと思うのですが、
ついついまだいいかとスキンケアを怠り気味のマーコです。
もうお肌の曲がり角を何回も曲がってしまった今、
紫外線対策を早めにするにこしたことはないのですが。。
ついつい億劫になりテキトーになりがちなことはありませんか?
実際に紫外線に気をつけるのはいつ頃からがいいのでしょう?

紫外線対策はいつからする?

一年中降り注いでいる紫外線、
意外にも一番強い時期は五月なんてことも聞きますが、
本当のところはどうなんでしょうか?

※紫外線とは
太陽から放出される太陽光線のひとつで不可視光線(目にみえない)です。
可視光線(目に見える)よりも波長が短く
地表に届く太陽光線の6%と言われています。
紫外線=UVと言われるのは可視光線の
(赤、橙、黄色、緑、青、藍、紫、いわゆる虹色)
の外側に位置していてラテン語の「紫を超えた」=「ultra- violet」に由来しています。

気象庁によると紫外線が一番多くなるのはその年の天候にもよりますが、
一般的には夏の7月、8月だそうです。
時間的にはお昼頃(10時から14時の4時間で一日の紫外線の50%が降り注ぎます)
が一番多く、また緯度的には低い地域(北海道より沖縄)の方が多くなります。

※紫外線の波長は性質によってA,B,Cの3種類にわけられます。

UV-A 紫外線A波 波長の長い紫外線のことで、
        長い時間をかけて肌の奥深くまで届き
        コラーゲンを破壊しシミやしわの原因になります。
UV-B 紫外線B波 波長の短い紫外線のことをいいます。
         サンバーン(炎症をおこして赤くなる)を
         おこしますが肌の奥までは届きません。
UV-C 紫外線C波 オゾン層に吸収されるので、地表までに達しない紫外線です。

しかし、気象庁で観測しているのはUVB(波長の短い皮膚の奥までは届かない紫外線)
の領域の紫外線なので、UVA(波長が長く皮膚の奥まで届きシミやしわの原因になる紫外線)
の領域の紫外線は4月から徐々に多くなり、5月から8月にかけてが要注意期間となります。
一般的によくいわれる5月の紫外線が一番多いというのは
5月は天候がよく晴れの日のが多いということに由来するようです。

※紫外線は快晴の日を100とすると薄曇りの場合は80〜90%、曇りの場合は60%
雨の場合は30%の量になります。

実際は太陽が地面に向かって90度の角度で差し込む6月が一番紫外線が強いのですが、
日本は梅雨なので、雲が太陽をさえぎるために紫外線は少なく
5月、7月、8月の紫外線の方が多く降り注ぎます。
紫外線の量は暑さとは関係ないんですね。

紫外線対策は4月から8月まではきっちりやりましょう。
実は4月+5月の紫外線は7月+8月の紫外線より多いというデータもヽ(゚Д゚)ノ
3月と9月の紫外線量は同じくらいです。
ギラギラ暑い真夏の方が紫外線が強いイメージがありますが、
やはり4月から紫外線対策はかかせませんね。

紫外線は目にみえないので、ポカポカ天気で気持ちの良い4月5月は油断しがちですが
紫外線対策は4月からですよーヽ(´ー`)ノ
そして8月まではきっちりやりましょう。

紫外線対策のための正しいスキンケアの方法とは?

春から夏にかけては薄着になり、肌の露出も多くなります。
紫外線を受けないことができればいいのですが、生活していくうえでそれは無理なので
出来るだけ紫外線を受けない工夫をすることが必要です。

洗濯物を干したり、庭仕事をしたりするときに受ける生活紫外線も少しだと思っても
長年皮膚の深いところに蓄積していきますので、油断せずケアすることが大切です。

スポンサーリンク
※なぜ、皮膚がたるみ、シワやシミになるのでしょうか?
人は紫外線を浴びると紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作り出します。
メラニン色素は周期的に排出されますが、長期に大量に浴びると排出されずに
肌の真皮内で蓄積されて、色素沈着してしまいます。これがシミとなるのです。
また肌には弾力を保つためにコラーゲンが含まれていますが紫外線を受けると
このコラーゲンのを支える繊維のエラスチンというものが切断されてコラーゲンの生成が
減少していまうのです。それによって肌の弾力が失われてシワやたるみの原因になります。

肌をケアするためには、特に夏場は天気に関係なく日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めクリームの成分は大別すると2種類になります。
「紫外線吸収剤」ー(肌への負担が大きい)
「紫外線散乱材」ー(肌への負担が少ない)
この両方またはいずれかが配合されたものが日焼け止めクリームです。

※日焼け止めに書かれている数値PA値とSPF値とは?
PA= Protection grade of UVAの略 紫外線A波(UV-A)を防ぐ目安
 「+」で表示され4段階あり、数が多くなれば防御する効果も高いことになります。
SPF= Sun Protection Factorの略  紫外線B波(UV-B)を防ぐ目安
   SPF値が高くなる程紫外線を防御する効果も高まることになります。
   最大値はSPF50+ですが、SPF30+で十分とされています。

日焼け止めを効果的に塗るには

紫外線にあたる部分を中心に手のひらでのばしてムラなく均一に塗りましょう。
強い日焼け止めを塗って肌に負担をかけるより、ほどほどの強さのものを
こまめに塗り直した方が肌への負担も軽くなるし、紫外線も確実にカットできます。
日焼け止めを塗ったあとに紫外線カットのファンデーションを塗る場合は
塗り直しは必要ないでしょう。
外出から還ったら日焼け止めクリームはしっかり落としましょう。
洗顔後は保湿を忘れずに。

紫外線対策のための人気グッズ6つ

基本はUVカットが施されているもので、
色は黒系統のものが(紫外線を遮断する効果が高いので)いいでしょう。

帽子:UV加工されたつばの大きいものを選びましょう。
色は黒系統がオススメです。頭部は紫外線の影響をもろに受ける部分です。
直接紫外線があたると髪の毛や頭部にダメージを受け、フケやかゆみなどの原因になる場合もあります。
しっかりガードして顔だけでなく髪の毛も紫外線から守ってあげましょう。

日傘:日傘は体全体に影を作ってくれますので、
紫外線対策にはかなり効果的なアイテムです。
黒系統が効果があるようにいわれていますが、UV加工を施したものであれば、
白系統でも効果は違わないようです。但し地面から反射した紫外線をカットしてくれるので、
裏地は黒がオススメです。日傘をさすときはアスファルトからの反射もあるので、
なるべく柄の近くをもって傘と顔の空間を最小限にすると紫外線カット率が高くなります。
UVカット効果は2〜3年が寿命だと言われています。
傘が壊れていなくても紫外線カットの効果があるものに
2〜3年のタイミングで買いかえるのがいいでしょう。

サングラス:紫外線は目にも入って、白内障や翼状片などの目の疾患につながる
こともあるので、しっかりサングラスをかけて対策しましょう。UV加工がされているもので、
薄めの色(濃い色は瞳孔を広げるのでかえって紫外線を取り込んでしまやすくなります)
そして大きめのレンズでなるべく紫外線が入らないように顔にフィットしたものを選ぶといいでしょう。

ストール:夏場は首元が大きくあいた服を着る機会も多くなりますが、
外出時には軽めでさらっとした肌触りのストールを巻くのもオススメです。
電車に乗って座ったときに背中に直射日光を浴びたときもストールがあれば日焼けからお肌を守ってくれます。

UVカットパーカー:夏は肌の露出が多くなるので、紫外線から肌を守るためには、
必要に応じて(野外活動やスポーツ観戦などで)紫外線カットのパーカーなどを利用しましょう。長袖や襟のついたものは肌を覆う事ができるで紫外線から肌を防御することができます。

アームカバー:車に乗る時や自転車の運転をするときなどはUVカットのアームカバーを
つけるといいですね。

UV加工は摩擦によってどうしても効果が経年劣化しますので、
まだ使えるのにもったいない、不経済だと感じるでしょうが、
肌へのダメージを考えると数年ごとになるべく新しいものに買い替えたいですね。

近年では紫外線を浴び過ぎると皮膚がんや白内障になる確率が高いことが明らかにされています。
気象庁でも紫外線対策を効果的に行えるように紫外線情報を発表していますので、
天気予報のチェックとともに紫外線情報のチェックも忘れずに。
紫外線の強くなる日はスキンケアや服装などにも注意するといいですね。

まとめ

紫外線は目にみえないので、つい油断してしまいますが、
長年お肌の奥深くに浸透し、蓄積されていきます。
ちょっとした洗濯物干しや庭仕事などの時もしっかり紫外線対策をして、
紫外線の蓄積を避けたいですね。
少しでも、シミ、しわのないお肌を目指してがんばりましょう!

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族がインフルエンザにかかった時に遊びに行くのはいいの?

インフルエンザが蔓延する季節になりました。 久しぶりに友達との食事会を楽しみにしていたのに、もし家族がインフルエンザにかかってしまったら!? テンション下がっちゃいますよね。 家族がインフルエンザにか …

風船にヘリウムガスを入れて飾り付けしたい!売っている場所は?

ヘリウムガス入りの風船は誕生日やホームパーティーから、結婚式に至るまで、華やかな演出に大活躍します。 特別な日のためにヘリウムガスの入った風船を用意したいと思ったことはありませんか? ふわふわと浮いて …

遮光機能付き日傘の効果と寿命はどれくらい?UVカットとの違いは?

日差しの強さを感じる5月くらいから そろそろ日傘の出番です。 最近は紫外線が及ぼす悪影響に関しての認知の高まり とともに日傘人口も増加しています。 日傘も遮光率99%などのタグがついている ものが多く …

アクリル絵の具の落とし方|洋服の場合

アクリル絵の具って速乾性があり、乾くと耐水性も出て発色もよいのでいろいろなものに塗れて便利ですよね。 最近では100円ショップでも手に入るようになりました。 けれども、うっかり洋服につけてしまうと、ち …

川崎ハロウィンのキッズパレードの申し込み方法と子どもに人気の衣装は?

スポンサーリンク ハロウィンの仮装といえば、渋谷のスクランブル交差点や原宿などでの若者イベントが中心だけど、ディズニーのお姫様やヒーローになりたい子ども達がその夢をかなえるハロウィンの仮装行列がないか …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。