夏バテするの原因の一つ冷房による体調不良の症状と予防について

温活生活

夏バテするの原因の一つ冷房による体調不良の症状と予防について

投稿日:

猛暑が続くと食欲がなくなったり、体がだるくてやる気が起きない、疲れがとれないなど体調不良になることがあります。
一般的に「夏バテ」「暑気あたり」などと呼ばれていますが、その原因のひとつに「冷房」があります。

ここでは夏バテの原因のひとつ「冷房」による体調不良の症状と予防について解説します。

スポンサーリンク

夏バテする原因のひとつは冷房

猛暑の中、電車に乗ったら冷房が効いていて最初は快適だったものの、しばらく乗っていると体が冷えすぎて寒い!なんていう経験、女性なら誰しもあるかと思います。

この猛暑の室外→冷房の効いた室内→猛暑室外の繰り返しは自律神経を乱して体調を崩す原因になります。

自律神経とは?
私たちは手足を動かしたりすることは自分の意志でできますが、反対に腸を動かしたり、体温を調節したりは自分の意志ではコントロールできませんよね。このように私たちの意志とは別に無意識で働いている神経のことを自律神経と呼びます。温度差が急激な環境におかれると通常、体温を調節してくれていた自律神経のバランスが乱れて、疲れがとれない、眠れないなどの様々な症状が現れます。

夏バテの原因のひとつ 冷房の効き過ぎによる症状は?

猛暑の室外と冷房の効いた室内の温度差が大きいと、体温を調節する自律神経が乱れてしまい人により次のようなさまざまな症状が現れます。

スポンサーリンク

鼻水のどの痛み頭痛などの風邪に似た症状、食欲不振、イライラ肩こり腰痛
生理不順など、さまざまな症状が表れます。

冷房による夏バテを予防するには?

①自律神経が乱れないように環境を整えることと、
②体を冷さないようにすることが大切です。

①について

・冷房の効いた部屋と室外との温度差は5℃くらいにする。
・冷房の設定温度は25~28℃を目安にする。
・冷房の風には直接当たらないように風向きを調節する。
・冷房に依存せずに風通しをよくしたり除湿にしたり工夫する。

②について

・腹巻や厚手の靴下など、服装で調節する。
・エアコンのきいた場所では温かい食べ物・飲み物を。
・適度に体を動かして、血行をよくする。
・暑いからといってシャワーで済ませずにぬるめのお風呂につかる。

特に以下のような生活習慣が当てはまるものの多い人は体が冷えやすい傾向にあるので注意しましょう。

・家や職場の冷房の温度が寒いと感じるくらいに設定されている。
・季節に関係なく毎日冷たいビールやアイスクリームなどの冷たい飲み物や食べ物をを摂っている
・ダイエットのために過度な食事制限をしている。
・日頃から運動不足である。
・たばこをよく吸っている
・日常的にストレスをためている

まとめ

外気と部屋の温度差が激しいところを出たり入ったりが続くと、
体温調節を自動でしてくれている自律神経が乱れて、肩こり、不眠、食欲不振などの体調不良の症状が現れます。

外気と部屋の温度差は5℃くらいを目安にし、あとは暑さ寒さを調節出来る服装をするように気をつけましょう。

暑いからといって内蔵を冷やすものばかり食べると手足が冷えて、
血流が悪くなり体調不良につながります。
夏でも温かい食べ物も適度に摂取したり、ぬるめのお風呂に入るなど、
体を冷やしすぎないようにしましょう。
冷房による夏バテ対策には体を冷やしすぎないことが大切です。

なるべく冷房に依存しないように工夫をして、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

-温活生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷えを改善するには正しい半身浴のやり方とコツをつかんで体を温めよう

スポンサーリンク 半身浴は以前から知っていたのですが、上半身を湯船に浸けないというのが なんだか寒そうに感じてなかなか実行に移せないでいました。 しかし、やってみると体が芯から温まりとても快適でした。 …

冷えを防止するには3つの首を温めよう!冷え症対策グッズも紹介!

スポンサーリンク 冬になると手足がいつも冷たくて辛い、体を動かすのが億劫だ、肩が凝るなんてことはありませんか? そんな末端冷え症のあなたに、私が普段からしているちょっとした冷え対策をご紹介します。 ち …

乾燥しょうがと生しょうがの違いは?その作り方と使い方を紹介

スポンサーリンク 春も近くなり、寒さも少しづつ和らいでくる頃は急に寒くなったり、暖かくなったり、この季節って着るものも難しいしいですよね。 うっかり昼間に暖かいからとついつい薄着をして出かけて、日が暮 …

湯たんぽは陶器がおすすめその保温性と効果とメリット、使い方

スポンサーリンク 先人の知恵、湯たんぽが見直されてから久しいですが、湯たんぽといっても軽量のプラスチック製から、ゴム製、昔なつかしいブリキの湯たんぽまで種類はいろいろ。その中でも冷え性の方に超オススメ …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。