夏バテからくる食欲不振の原因と対策&解消メニュー

生活

夏バテからくる食欲不振の原因と対策&解消メニュー

投稿日:


お腹が空いていても夏の暑い時期は食欲がわかず、カロリーの摂取が減るので
その結果体がだるくなったり、疲れがとれなかったりして夏バテしてしまいます。

暑くてもしっかり栄養のあるものを食べて夏バテしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

夏バテからくる食欲不振の原因は?

なぜ夏の暑い時期に食欲不振になるのでしょうか?

暑いと体は体温を下げようとするので、汗を出すために皮膚に血液が集まり、
胃腸を動かすための血液量が減り食欲が落ちます。
そして汗で体温を下げる事ができないと、冷たい飲み物やアイスクリームなどの冷たいものばかり食べてしまい、
内蔵が冷えてしまいます。
その結果胃腸が弱り、さらに食欲がなくなってしまうのです。

さらに胃腸が冷えると内蔵を温めようとして内蔵周りに血液が集まる代わりに体の末端まで血液が行き届かなくなるので、体が冷えてだるくなったり、やる気がおきなくなったりします。

暑さで体を動かすことが億劫になり運動不足になると、体の代謝がさがり、食欲が湧かない状態になってしまいます。

そして暑いと冷房への依存度が高くなり、自律神経のバランスが狂い(詳しくはこちらをごらんください)空腹感を起こす摂食中枢や満腹中枢の調節がうまくいかなくなって食欲不振になります。

また昼夜が逆転するような不規則な生活や、偏った食事も夏バテの原因にとなりますので要注意です。

・冷たい飲み物や食べ物ばかり摂っていないか?

・適度な運動をしているか?

・冷房に依存しすぎていないか?

・生活が不規則になっていないか?

以上をチェックしひとつでもあてはまるものがあれば、対策をしましょう。

夏バテからくる食欲不振の対策は?

夏の暑さから食欲不振なり夏バテしてしまい、その結果さらに食欲不振になるといった負のスパイラルに陥らないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

食欲が湧かないときに無理に詰め込むのは辛いですよね。
少量でも効果的に栄養が摂取出来る食事を心がけたりすることが、食欲不振の対策になります。

スポンサーリンク

そしてリズムのある生活を心がける、冷房に依存しすぎない(体を冷やしすぎない)などの身の回りの環境を整えることも大切です。

夏バテからくる食欲不振を解消するメニューは

①スタミナのつくものを食べる
なんといっても夏のスタミナ食の定番はうなぎですね。
必須アミノ酸を含むタンパク源でビタミンも豊富なので滋養強壮作用があります。
しかし、高価ですからひと夏にそんなに何回も食べられません。
オススメはネバネバ系の食品(オクラ 昆布 わかめ なめこなど)と一緒に豚肉や牛肉、マグロなど  のタンパク質を摂る事です。ネバネバ系を一緒に摂る事で胃への負担軽減が進み消化吸収が進み栄養素  が摂取しやすくなります。

② スープなどの温かい飲み物を摂る
食欲が湧かない時に無理に食べるのは辛いし、食事を楽しめません。
野菜などのスープなら喉を通りやすいので、
旬の夏野菜、たとえばかぼちゃを使ったスープはおすすめです。
カボチャはカロテン、カリウム、食物繊維、ビタミンA,C,Eなど栄養素の宝庫です。

③ミネラル分を含む食品をとる
・カリウムを多く含む野菜や果物ーほうれん草 トマト しそ 枝豆 ブルーベリー スイカ バナナ パイナップル

④食欲増進させる調味料、スパイスを料理に使う
・柚子胡椒
・食べるラー油
・バジルソース

⑤肝臓の働きをよくする
アルコールや脂っこいものを分解する肝臓の働きが鈍いと食欲不振につながります。
肝臓の働きをよくするには、オルニチンとクルクミン成分をとることです。
・オルニチンが含まれている食物ーしじみ ヒラメ キハダマグロ だだちゃ豆 チーズ 味噌 ヨーグルト
・クルクミンが含まれている植物ーウコン カレー たくあん

⑥栄養のバランスを補う食品を摂る
・ドライフルーツ (プルーン レーズン ブルーベリーはカリウム、鉄分などのミネラが豊富)
・ミックスナッツ(ビタミンB群やビタミンEが豊富)
・大豆製品(豆乳、ドライ納豆、おからクッキーなどはタンパク質、食物繊維が豊富)

⑦酸性の食品を摂って胃腸の働きをよくする
料理に梅干しや酢を使用すると、唾液の分泌を促して食べたいという欲求(食欲促進)が
増えます。また酢に含まれるクエン酸はタンパク質の消化吸収を助けてエネルギーに換えてくれます。

まとめ

夏は暑さからつい冷たいものばかり飲んだり、食べたりしがちですが、
体を冷やし過ぎると内蔵の働きが鈍くなって、食欲不振になり代謝が落ちて夏バテを招きます。

冷房に依存し過ぎない環境を整えて、適切な運動と生活のリズムを整え、
食欲を増進させる食物を摂るように工夫して夏バテを予防することが大切です。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アナベルの切り花の水揚げに効くのはコレ!その他の水揚げ方法も紹介

スポンサーリンク アナベルは最近人気のあじさいで、真っ白い小花が清楚でかわいいですね。 お庭に植えているお宅も増えています。 このアナベルですが、切り花にすると水揚げが悪くて、すぐしおれてしまうので、 …

焼き茄子の簡単な作り方のコツを紹介!失敗しない皮のむき方

スポンサーリンク 夏から秋にかけては茄子の旬で1年で一番美味しい季節です。 シンプルな焼き茄子は皮むきが一手間ですが、香ばしい風味とジューシーな食感と共に薬味と醤油の味がからまり本当に美味しいですよね …

写真を透明に加工する方法100均のラミネートで透明トレカの作り方

100均のラミネートを使うと写真やトレカを透明に加工することが出来ます。 特別な道具はいりません。 100均のラミネートと透明にしたい写真やトレカのカラーコピーがあれば誰にでも出来ますよ。 流行りの透 …

夏休み自由研究のテーマ低学年の場合のまとめ方とコツ

夏休みの宿題に自由研究が出ている学校も多いかと思います。 スポンサーリンク 小学1、2年生はそんなに難しいものは出来ませんし、親御さんの手助けがないと難しいですね。 そこで保護者の方へ向けた低学年(小 …

どんぐりの防虫処理の方法〜茹でる?冷凍する?松ぼっくりの場合は?

スポンサーリンク 秋になると子どもがドングリを沢山拾ってきて、おままごとや工作に使ったりしますが、ママとして心配なのは、ドングリの中の虫ですね〜。 いつのまにか子どものおもちゃと一緒においてあるどんぐ …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。