仙台七夕まつりの日程と雨の場合に笹飾りはどうなる?見所も紹介

お出かけ

仙台七夕まつりの日程と雨の場合に笹飾りはどうなる?見所も紹介

投稿日:2017年5月10日 更新日:


東北三大祭りといえば、青森のねぶだ祭り、秋田の竿燈祭り、そして仙台七夕まつりですね。
この仙台七夕まつりは豪華絢爛な飾りが街中を彩り、全国から200万人以上の観光客が押し寄せる日本の夏祭りの代表です。

地元の人は親しみを込めて「たなばたさん」と呼んでいます。
仙台七夕まつりの日程や見所をご紹介します。

スポンサーリンク

仙台七夕まつり2017の日程、雨の場合は?

仙台七夕まつりは毎年8月6日〜8日の3日間の固定です。

2017年は8月6日(日)〜8日(火)になります。

中心部商店街  8月6日・7日/10:00~22:00
        8月8日/10:00~21:00
周辺部商店街  8月6日~8日/10:00~18:00

8月6日の早朝から飾り付けが始まるので、
飾り付けるところを見たい人は5日から仙台に滞在するのよいでしょう。

5日には「仙台七夕花火祭」が開催されますので、5日から仙台に行く方は要チェックです。
(8月5日19時より仙台西公園周辺一帯を会場に開催されますよ。)

気になるのはお天気「雨」ですね。

仙台七夕まつりは雨でもよほどの暴風雨でなければ開催されます。
雨が降っても大きなアーケードなどでは屋根があるので、影響はないのですが、
屋根無しのところでは、和紙で作られた飾りは痛んでしまうので、一斉にビニールがかぶせられます。
(透明のビニールですので飾りが見えないということはありません)
雨模様だと人出は減るので、歩きやすくなりますが、飾りに雨よけの透明のビニールがかぶせられますので、
やはり絢爛豪華な飾りを鑑賞するには晴れることをお願いしたいですね。

仙台七夕まつりは他の御神輿などが出るお祭りと違って、時間帯によるピークはほとんどありません。
だいたい晴れていれば、午前11時過ぎから午後7時くらいまでは一定した人出があるようです。
どうしてもすいている時間帯に行きたい場合は朝の早い時間帯(9時〜11時)か夜の7時過ぎが狙い目です。

スポンサーリンク

仙台七夕まつりの見所

JR仙台駅前には七夕案内所(9:00〜20:00、その他要所に4カ所)が設置されていますので、
情報満載の「仙台七夕マップ」と「お祭り広場マップ」をまず手に入れましょう♪

豪華絢爛な笹飾り

見所はなんといっても豪華絢爛な笹飾りです。
開催期間中は仙台中心部から周辺の商店にいたるまで、街全体が華やかな笹飾りで埋め尽くされます。

仙台七夕まつりは飾りに大きな特徴があります。
それは吹き流しに大きなくす玉が付いていることです。
高さ10メートルほどの大竹にくす玉付きの吹き流しが5本下がったものが基本です。
メインの商店街はほとんどでこの吹き流しが下がっています。

もともとくす玉は故人の霊を慰めるためのものでした。

終戦直後の昭和21年に仙台市の森権五郎さんという方が、庭に咲く美しいダリアの花に触発され、
球体の竹籠に京花紙で作った花飾りでくす玉を作ったのが広まり、
現在のような吹き流しと一体化されたものになりました。

仙台七夕まつり 伝統の七つ飾りについてはこちらをごらんください

戦後の復興と共に発展した仙台七夕まつり

伊達政宗公の時代から続いている仙台七夕ですが、第一次世界大戦後の不景気でだんだん衰退し、
太平洋戦争ではとうとう街から消えてしまいました。

しかし、戦後は人々の復興を願う気持ちが七夕まつりに込められるようになり、
街の復興とともに七夕まつりも商店街の復興のシンボルとなりました。

仙台七夕は人々の戦後復興への願いと共に徐々に発展し現在のような日本一の七夕まつりとなったのです。

笹飾りの飾り付け〜片付けまで

笹飾りの仕込みは数ヶ月前から始まり、各商店や企業で手作りしています。

8月6日の早朝から飾り付けは始まり、その日の午後には各地区の金賞、銀賞、銅賞、奨励賞が決まります。
HP上には6日の夕方に発表されます。
(組合を対象にした団体審査と商店を対象にした個人審査があり、
各飾りの根元のところにそれぞれの賞のプレートがつけられます。)

そして中心部商店街では8日の21時で終了になります。

その後は商店街総出で片付けがはじまり、翌朝にはすっかり片付けが済んでいます。
毎年新たなものを作るそうなので、その年に作ったものは処分してしまうのですね〜。
なんだかもったいないですね。

豪華な笹飾りが見られるのはどこ?

祭りの期間中、賑わうのは、仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけてで、
絢爛豪華な笹飾りがみられます。

そのまわりの小さな通りの豪華さはないけれど素朴な七夕飾りも、
なつかしい気分にさせてくれるので、両方を見て違いを楽しむのもいいですね。

まとめ

仙台七夕まつり、飾りを見るだけならあまりおもしろくないのでは?
という声も聞かれますが、街中を彩る飾りには圧倒されます。百聞は一見に如かずです。

また七夕まつりに合わせて様々なイベントも市内各所で開催されます。
おまつり広場(勾当台公園市民広場)では、
七夕飾りのワークショップや現地の味を楽しめるフードコート、
ステージイベントも催されます。
夜はイルミネーションで幻想的に彩られるところも。

東北の震災復興の後押しにもなります!ぜひ、足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク

-お出かけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

川崎ハロウィンの歴史いつから盛大に?日程とパレードのコースを紹介

スポンサーリンク 今や秋の風物詩といってもいいほど市民権を得たハロウィンの仮装行列ですが、神奈川県川崎市の川崎ハロウィンの仮装パレードは、日本で最大級の規模だということをご存知でしたか? 仮装というと …

府中くらやみ祭りの交通規制や駐車場について&祭りの口コミ情報

東京都府中市の大国魂神社で毎年GWに開催されるくらやみ祭り、そのネーミングに惹かれて一度はどんなお祭りなのか訪れてみたいと思っている方も多いことと思います。 くらやみ祭りは1000年以上の長い歴史があ …

鎌倉の蓮の見頃はいつ?鶴岡八幡宮の源平池、光明寺の観蓮会について

夏の花の代表といえば、蓮を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 水辺に咲く蓮の花と円形の大きな蓮の葉は涼を感じますよね。 家庭での栽培は容易でないので、季節になると蓮を見に行く …

ふじさわ江ノ島花火大会は10月!浴衣は季節外れ?秋に開催の理由は?

スポンサーリンク 平成29年10月21日(土)「ふじさわ江の島花火大会」は、中止となりました。 台風21号が接近するなかで、 海上から花火を打ち上げるための台船の航行、係留等を含め十分に安全を確保する …

鶴岡八幡宮の例大祭の日程と見所の流鏑馬について、鎌倉の宿情報も

例大祭は鎌倉の鶴岡八幡宮で800年続く伝統の祭事で一年の中でも最も重要とされています。 スポンサーリンク 旧暦の8月15日に源頼朝が千羽の鶴を由比ケ浜に放した放生会(ほうじょうえ)が起源でその日を例大 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。