築地本願寺の盆踊りは日本一美味しい?日程や屋台の出店は?

お出かけ

築地本願寺の盆踊りは日本一美味しい?日程や屋台の出店は?

投稿日:2017年5月24日 更新日:


東銀座にある築地本願寺の境内で毎年行われる納涼盆踊り大会は、築地の夏の風物詩です。
地元民だけでなく、このお祭りを目当てにわざわざ遠方から訪れる人も多い人気の盆踊り大会で、2017年は記念すべき第70回になります。

広い境内にテーブルとイスが置かれて、生ビールも売られているので、さながらビアガーデンの雰囲気です。さて日本一美味しい盆踊りとは?

スポンサーリンク

築地本願寺の納涼盆踊り大会

毎年8月の上旬に4日間、盛大に開催されています。

境内に設けられたやぐらを囲むようにイスとテーブルが置かれ、盆おどりを踊る人、
築地の味を楽しみながら、ビールを飲む人と毎年賑わいを見せる盆踊り大会です。

築地本願寺の境内に大きな櫓が組まれ、連日勇壮な大江戸助六太鼓の奉納演奏が行われます。
「納涼盆踊り大会」は曲目も多く「築地音頭」や「ホームラン音頭」などいろいろ踊れます。
曲によっては、うちわや手拭いを使うものもあり、持っていくと更に楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク

10年前の第60回大会から、4日間のうち1日だけ仮装で踊れる日が設けられ、昨年まで恒例になっています。
例年、仮装の日は3日目です。

連日多くの人が訪れますが一番込み合うのはやはり最終日です。

築地本願寺の納涼盆踊り大会の日程&アクセス

第70回築地本願寺納涼盆踊り大会
2017年
8月2日(水)19時〜21時
3日(木)   〃
4日(金)   〃
5日(土)18時〜20時半

浄土真宗本願寺派 築地本願寺
所在地:〒104-8435 東京都中央区築地3-15-1
電話:03-3541-1131
FAX:03-3541-7071

東京メトロ 日比谷線「築地」駅 出口1より徒歩約1分
東京メトロ 有楽町線「新富町」駅 出口4より徒歩約5分
都営地下鉄 浅草線「東銀座」駅 出口5より徒歩約5分
都営地下鉄 大江戸線「築地市場」駅 出口A1より徒歩約5分

築地本願寺の屋台〜日本一美味しい盆踊り

築地本願寺の納涼盆踊り大会には、築地場外市場の名店の屋台が出店するので、
築地の美味しいものを味わいながら、盆踊りを楽しめるちょっと個性的な盆踊り大会になっています。
地元の人ばかりでなく、遠くからわざわざ来るリピーターが多いわけがわかりますね。

昨年(2016年)は鳥藤の『焼鳥』、きつねや『もつ煮込み』、菅商店の『鶏しゅうまい』、築地広洋の『胡瓜漬』
松露の『玉子焼き』、味の浜藤の『練り物』、紀文『練り物』、和田久『だんご』、近江屋『ステーキ』
すし鮮『鮎塩焼き』、築地ボン・マルシェ、つきじ京富『海鮮焼き』など名店が軒を連ねました。
そのほかに生ビールや冷酒も。

まとめ

ちょっとエキゾチックな建物の築地本願寺の境内で、盆踊りを踊ったり、築地銘店会などによる美味しいものを飲んだり食べたりして暑気払いをしませんか?
きっと一度行ったら毎年恒例になってしまうかも!?しれません。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鶴岡八幡宮の流鏑馬で有料席はある?場所取りは必要?招待席は?

狩りの装束で馬を走らせながら、馬上から3つの的を矢で射抜く流鏑馬、その勇壮さに心引かれる人も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 流鏑馬は日本各地で行われていますが、その中でも鎌倉の鶴岡八幡宮 …

鎌倉で散歩するならおすすめのコースはココ!

スポンサーリンク 関東圏にお住まいなら、ちょっと気分を変えて遠出してみようかなと思ったときに鎌倉って日帰り小旅行には丁度いい距離ですね。 しかし、せっかく遠出したのにゴールデンウィークや秋の紅葉シーズ …

深川八幡祭り(富岡八幡宮例大祭)の本祭りは今年?神輿を担ぐには?

スポンサーリンク 江戸三大祭りのひとつ深川八幡祭り(あと二つは神田明神の神田祭りと赤坂日枝神社の山王祭り)は毎年8月15日を中心に行われます。 別名「水掛け祭り」と言われるように沿道の観客から担ぎ手に …

クリスマスマーケットのおすすめは日比谷?赤レンガ?六本木?

クリスマスマーケット、最近は日本でもかなり周知されていますね。 おもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラしたヨーロッパのクリスマス市の様子を、ご覧になったことのある方も多いと思います。 スポンサーリン …

鎌倉の鶴岡八幡宮に七夕まつりを見に行きました。

  スポンサーリンク 鎌倉の鶴岡八幡宮で、七夕まつりがあると知り、一体どんな祭事なのか気になったので行ってみる事にしました。 七夕というと一年に一度、織り姫と彦星が出会うことができる昔話と笹 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。