鎌倉の鶴岡八幡宮ぼんぼりまつりの始まる時間と屋台について

お出かけ

鎌倉の鶴岡八幡宮ぼんぼりまつりの始まる時間と屋台について

投稿日:2017年6月3日 更新日:


鎌倉の夏の風物詩、鶴岡八幡宮のぼんぼりまつりを知っていますか?

八幡様の参道に並ぶぼんぼりが幻想的で、お祭りといっても静かなお祭りです。

ぼんぼりのほのかな灯りがロマンチックで何やら懐かしい気分にさせてくれます。

スポンサーリンク

鎌倉の鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りとは?

毎年、八月の立秋の前日の9日から3日間(年により4日間)行われるお祭りです。
(2017年の立秋は8月7日です。)

鶴岡八幡宮の境内に鎌倉にゆかりのある人や各界の著名人や文化人が描いた書画400点がぼんぼりに仕立てられ、境内や参道に並びます。

日が暮れる頃、巫女によりぼんぼりに灯がともされると、幻想的でロマンチックな雰囲気が漂い出します。

この日は午後6時頃から灯りが点され始め6時45分くらいにはすべてのぼんぼりに灯りが入りました。

このお祭りは、鎌倉がまだ今の様な観光地になる前、昭和13年に鎌倉在住の文化人100人ほどの協力で観光客の誘致のために始められました。

高浜虚子や里見弴などが発起人だったそうです。

 

参道に並べられたぼんぼりに灯りがともると幻想的な風景が広がり、懐かしさを感じます。

ひとつひとつのぼんぼりに丁寧にかかれた書画を眺めていくと、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

立秋の前日には
夏越祭(なごしさい)<2017年は8月6日 日曜日>
立秋祭<2017年は8月7日 月曜日>
実朝祭<毎年8月9日>
があり、この夏越祭、立秋祭、実朝祭の期間全体をぼんぼり祭りと呼んでいます。

夏越祭(なごしさい)

夏の邪気を祓う神事で、参道で「茅の輪くぐり」が行われ、舞殿では「夏越の舞」が巫女により奉納されます。

昭和13年に始められました。

立秋祭
昭和25年より始められました。

秋の訪れを奉告するお祭りでご神前に神域で育てられた鈴虫が供えられます。

実朝祭


8月9日は第3代将軍源実朝の誕生日で、昭和17年より実朝祭が始められました。

鶴岡八幡宮内の白幡神社では実朝の遺徳を偲び、また文芸に優れた実朝にちなんで選ばれた俳句や短歌が献上されます。


スポンサーリンク

鎌倉の鶴岡八幡宮のぼんぼりまつり 日程と屋台について

日程 2017年8月6日(日)〜9日(水)
時間 9:00〜20:30
※初日は昼頃から開始
場所 鶴岡八幡宮ー各参道 流鏑馬馬場、舞殿の周囲

 

屋台は多少出ていますが、お祭りで多くの屋台がずらーっと並んでいるという感じではありません。

ぼんぼりがメインのお祭りです。

また、雨天寺はぼんぼりは保護のために降納されてしまいます。

まとめ

幻想的な雰囲気が楽しめる鎌倉八幡さまのぼんぼり祭り。

ぜひ、日が暮れて宵闇の迫る頃に、ほのかなぼんぼりの灯りを眺めながらそぞろ歩きをお楽しみください。

浴衣で行けば、なお気分も盛り上がりますよ。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鎌倉の鶴岡八幡宮に七夕まつりを見に行きました。

  スポンサーリンク 鎌倉の鶴岡八幡宮で、七夕まつりがあると知り、一体どんな祭事なのか気になったので行ってみる事にしました。 七夕というと一年に一度、織り姫と彦星が出会うことができる昔話と笹 …

府中くらやみ祭りの交通規制や駐車場について&祭りの口コミ情報

東京都府中市の大国魂神社で毎年GWに開催されるくらやみ祭り、そのネーミングに惹かれて一度はどんなお祭りなのか訪れてみたいと思っている方も多いことと思います。 くらやみ祭りは1000年以上の長い歴史があ …

江ノ島でイルミネーションを見る時のおすすめのデートコースは?

江ノ島のイルミネーションは「湘南の宝石」と銘打っているように様々な工夫を凝らした装飾が幻想的で美しく、湘南の冬のデートの定番となっています。 せっかく湘南に行くのなら、イルミネーショの点灯の前に江ノ島 …

鶴岡八幡宮の流鏑馬で有料席はある?場所取りは必要?招待席は?

狩りの装束で馬を走らせながら、馬上から3つの的を矢で射抜く流鏑馬、その勇壮さに心引かれる人も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 流鏑馬は日本各地で行われていますが、その中でも鎌倉の鶴岡八幡宮 …

鎌倉で蛍を見た!鶴岡八幡宮の螢放生祭とほたるまつり

鎌倉の鶴岡八幡宮でホタルを見てきました。 毎年6月に開催されている螢放生祭です。 闇夜に優しく光るホタルの光、とてもきれいでした! スポンサーリンク

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。