あじさいの色は土の成分で決まる!ピンク系から青系に変えるには?

生活

あじさいの色は土の成分で決まる!ピンク系から青系に変えるには?

投稿日:2017年6月8日 更新日:


梅雨に入ると生き生きとした姿を見せてくれるあじさいは、多くの日本人が好む植物のひとつではないでしょうか。
あじさいの原種はガクアジサイですが、日本原産なんですよ。
雨の日を彩ってくれるあじさいは挿し木でも簡単に増やすことができます。

好みの青紫色の切り花のあじさいを買ってきて、挿し木にして育てたら、花の色がピンク変わってしまったんです。。
挿し木が根付いてから3年目にやっとついた花がピンクだったときは、ちょっぴりがっかりしました。

土壌の成分に左右されるといわれるあじさいの色ですが、もとの青紫の花を咲かせることはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

あじさいは土の成分で色が決まる

咲き始めから咲き終わりにかけて七色に変化すると言われるあじさいですが、大きく分けるとピンク系と青系に大別されます。
あじさいが植わっている土壌が酸性だと青いあじさいになり、土壌がアルカリ性だと赤系になるんですね。

小学生の時のリトマス試験紙の実験を覚えていますか?
酸性だとリトマス試験紙は赤く、アルカリ性だと青くなりましたよね。
あじさいの色の変化はそれと逆です。なぜなんでしょうか?

土が酸性の場合ーアルミニウムイオンができるーあじさいに含まれるアントシアニンなどが反応するー青くなる

土がアルカリ性の場合ーアルミニウムイオンができないーあじさいに含まれるアントシアニンは反応しないー赤くなる

※アルミニウムは酸性の土に溶けやすく、アルカリ性の土には溶けにくいという特性があります。

※アントシアニンとは?
アントシアニンとは、ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。

あじさいの色はアントシアニンとアルミニウムが結合することで、色の変化がおこるんですね。

日本では青色系のあじさいが多くみられますが、これは森林が多く雨の多い日本の気候の特性により土が酸性のためです。

では同じ土でも様々な色のあじさいがあるのはなぜでしょうか?

同じ土でも様々な色のあじさいがあるのは、アルミニウムを吸い上げる根の力がそれぞれ違う為です。
また同じ株でも色味に違いが出るのは、つながっている根の吸い上げる力がそれぞれ違うことによります。

あじさいの色をピンク系から青系に変えるには?

基本的には赤系のあじさいを青系に変えることは困難です。
もともと持つ固有の色を変えることはできませんが、赤系、青系をより濃くすることはできます。

私は買ってきた青紫の切り花のあじさいを挿し木にして根付かせたのですが、3年後に漸く咲いた花はピンクでした。
青紫系のあじさいがアルカリ性の土壌で育ったので、色が変わったというより青紫が薄くなってピンクになったのではと想像しています。

青系を濃くする場合

青系のあじさいをより青くする場合は土壌を酸性にします。
酸性にするには鹿沼土やピートモスを混ぜます。
どちらも土壌を酸性に傾きやすくする素材です。
または硫酸アルミニウム(カリウムミョウバンー薬局、通販で入手できます)を500倍〜1000倍に溶かした水を年に数回根元に与えます。

赤系を濃くする場合

赤系のあじさいをより赤くする場合は土壌をアルカリ性にします。
アルカリ性にするには赤玉土や腐葉土を混ぜた土に苦土石灰を混ぜます。

色を変化させるには土壌の環境を変えればいいんですね。

土壌の調整はだいたい4月から5月くらいまでにしてみてくださいね。
それ以降だとアルミニウムの吸収が送れるので、効果が出にくくなります。

しかしあまり土壌に影響されず、色が固定されている品種もあります。

コントロールがきかなく色が変わらないものもあるんですよ。

ちなみに白いあじさいは、土壌が中性ということではなく、アントシアニンをもたないので、どんな土壌でも白い花になります。

市販の専用土を使用する場合

園芸店で専用の肥料を購入する
園芸店では市販のアジサイ用の培養土が売っていますので、それを利用すると便利です。
青い花用の培養土、赤い花用の培養土がそれぞれあります。アジサイ用の肥料も市販されていますよ。


スポンサーリンク

まとめ

鬱陶しい雨の日が続いてもあじさいの花を見ると、晴れやかな気持ちになりますね。
青系でもピンク系でも日々変化していくあじさいの色を観察するのは楽しいです。

あじさいを好みの色に変化させるのは難しいですが、土壌を改良することで花の色の濃淡を変えることはできそうです。

ピンクのあじさいを青くすることはできませんが、青紫にすることはできるかもしれません。
私もぜひ挑戦してみたいと思います。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋台風の特徴はスピードが早い遅い?普段から備えておくべきことは?

夏と秋は一年の中でも台風の発生の多い季節ですね。 スポンサーリンク 同じ台風でも秋台風と夏台風では進路や勢力、スピードなどに特徴があってそれぞれ違います。 どのような違いや特徴ががあるのでしょう? 台 …

クリスマスローズの株分け地植えの場合の時期は?花が咲かない理由は?

日陰でも美しく咲き冬枯れの庭に彩りを与えてくれるクリスマスローズは近年人気の多年草ですね。 最近は花びらの形や色もバラエティーに富み、いろいろな品種のクリスマスローズを見かけるようになりました。 庭に …

コーヒーフィルター100均とメーカー品では味に違いが出る?おすすめは?

コーヒーフィルターには紙(ペパーフィルター)、布(リネンやネルコットン)、金属と大きく分けて3種類がありますが、一般的にペーパーフィルターを使われている方が多いのではないでしょうか? 私もペーパーフィ …

エアコンの暖房による乾燥から肌を守るには?オフィスでの対策について

スポンサーリンク 冬になるとお肌の乾燥対策に悩みますよね。 エアコンの暖房は部屋の乾燥が進むので、肌の水分が失われがちです。 加湿しないと肌の乾燥が進みシワやたるみ、老化の原因になるので要注意ですね。 …

サングラスのUVカットの寿命ってあるの?その確認の方法と選び方

5月から8月にかけては1年の中でも特に有害な紫外線が多く降り注ぐ季節です。 スポンサーリンク 最近ではお肌だけではなく、目も紫外線対策をする必要が周知されてきています。 強い紫外線から目を守るためにU …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。