鎌倉花火大会に車で行く場合の駐車場は?帰りの混み具合は?

お出かけ

鎌倉花火大会に車で行く場合の駐車場は?帰りの混み具合は?

投稿日:2017年6月20日 更新日:


鎌倉の花火大会にドライヴがてら車で行くことを計画している方も多いことと思います。

しかし鎌倉の道は狭いところが多く、夏は海に面する国道134号線は恒に渋滞し、他市から鎌倉へ入る道もかなり混み合います。

鎌倉の花火大会に車で行くプランは実際はどうなのか、渋滞情報など共にお伝えします。

スポンサーリンク

鎌倉の花火大会に車で行くのは可能か

鎌倉は三方を山に、残る一方は海に面する地形なので、市街に出るまでに切り通しと言われる狭い山道を通過しなくてはなりません。
夏の海水浴シーズンや土日祝祭日はどの道も渋滞が発生します。

花火大会当日は出来れば、車はあきらめて公共の乗り物で来るのが一番いいのですが。。

 

花火大会の会場へ続く若宮大路とその周辺の道路は午後6時時30分から10時30分頃まで交通規制がかかります。
鎌倉駅西口、東口のロータリーも6時半から11時まで車両の進入禁止となります。

車で来る場合は遅くとも規制時間の前に鎌倉に入るようにした方がいいのですが、
その頃にはどこの駐車場も満車の状態でしょう。

どうしても車で行きたいという方は午前中のうちに鎌倉に入れば駐車場は確保出来ます。
花火大会だけのための臨時の駐車場もありますが、相場よりかなり高い金額に設定されるのであまりおすすめできません。

午前中から来て海水浴や鎌倉観光をして、花火の開始時間を待つというパターンです。
このパターンだと花火大会の場所取りはしっかりできますね。

但し帰りは鎌倉市街を抜けるまでに2、3時間はみてください。
渋滞がひどい場合は日が変わってしまったなんていうことも。。

もうひとつは近くの大船や逗子まで車で来て、そこからはJRを使って鎌倉にくるパターンがあります。
帰りの渋滞を考えたらこちらのパターンの方をおすすめします。

スポンサーリンク

鎌倉の花火大会に車で行く場合の駐車場

おすすめは134号線沿いの材木座海岸が目の前の公営の材木座駐車場です。
但し午前中には駐車場を確保して、帰りは逗子方面に出ることが前提です。

材木座駐車場
Suica、PASMO等の交通系電子マネー使用可
鎌倉市材木座6丁目886番5
駐車台数:普通車(63台 内障害者用2台)
400/h(7月〜8月)24時間

光明寺駐車場もおすすめで、材木座海岸へ徒歩1分の距離です。
詳細は材木座海浜組合のHPでご確認くださいね。(光明寺への問い合わせはご遠慮ください。)

光明寺駐車場
鎌倉市材木座6丁目光明寺
花火大会の日は特別料金 4000円/1日で駐車できます。

由比ケ浜地下駐車場は200台駐車出来、由比ケ浜海岸がすぐ目の前で大変便利ですが、帰りは駐車場から道路にでるのにも時間がかかるでしょう。
午前中からなら駐車は可能だと思います。

由比ケ浜地下駐車場
6時〜21時(7月〜8月)
普通自動車 30分 260円
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜4丁目7番1号
電話:0467(61)2869

あとは鎌倉駅を中心のコインパーキングはあちこちにありますが、
道が狭く、当日はせまい道を多くの観光客が歩くのであまりおすすめできません。

当日は駅周辺と若宮大路は交通規制がありますので交通規制の範囲と時間は把握しておいてくださいね。

鎌倉の花火大会の帰りの混み具合は?

来る時は午前中に鎌倉に入ってどこかの駐車場に止められたとしても、帰りの渋滞は避けられません。
上記に書いたように、駅周辺とメインストリートの若宮大路には交通規制がかかりますので、
鎌倉市街を抜けるのに相当時間がかかります。
また15万人もの人が一斉に海岸から帰路につくので、若宮大路周辺は人で溢れ帰ります。
混雑を避けるために浜辺にしばらくとどまる人もいますが、なかなか人がひかなく
駅に続くどの道も帰路に着く人が溢れ却っていて、なかなか車が普通に走ることができなくなるからです。

まとめ

鎌倉の花火大会に車で来るのはおすすめしません。
市内の道はどこも狭く一車線で、花火大会当日は人で溢れ却っていて車の通行はままならず渋滞は必至だからです。

しかしどうしても!という場合は、
・大船駅周辺の駐車場に止めて、JRで大船→鎌倉に移動する
・逗子駅周辺の駐車場に止めて、JRで逗子→鎌倉に移動する
というのがいいですよ。

時間に余裕があって遅くなっても構わないのであれば、午前中には鎌倉に入って駐車場を確保してくださいね。
午前中ならどこかしらの駐車場に入れることができます。

但し帰りはかなりの渋滞に巻き込まれる事は必至です。

スポンサーリンク

-お出かけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

築地本願寺の盆踊りは日本一美味しい?日程や屋台の出店は?

東銀座にある築地本願寺の境内で毎年行われる納涼盆踊り大会は、築地の夏の風物詩です。 地元民だけでなく、このお祭りを目当てにわざわざ遠方から訪れる人も多い人気の盆踊り大会で、2017年は記念すべき第70 …

宮ヶ瀬イルミネーションの見どころや期間、アクセス、駐車場について

スポンサーリンク 神奈川県の宮ヶ瀬湖(水の郷エリア)で毎年開催されている「宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい」は、宮ヶ瀬イルミネーションとして人気があり、毎年多くの人々が訪れます。 例年25万〜30万人が …

クリスマスのデートは横浜の赤レンガ倉庫で!夜景とイルミネーションも紹介

クリスマスは思いっきりロマンチックなシチュエーションでデートしたいですよね。 スポンサーリンク 少しマンネリ気味のカップルも、横浜の赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットやイルミネーションを訪れれば、新鮮 …

鎌倉御霊神社の面掛行列と人気の御朱印帳、力餅の由来について

御霊神社は土地の神として祖先を祀る神社で全国にありますが、鎌倉の御霊神社は「権五郎さま」と呼ばれ地元の人に親しまれています。 鳥居の目前を江ノ電が通るので、最近は撮影スポットとしても人気です。 映画や …

鎌倉歴史文化交流館のアクセス&観覧料、元の持ち主は?

スポンサーリンク   鎌倉市の新たな新名所「鎌倉歴史文化交流館」 鎌倉市に寄付された既存の個人宅に改修工事を施して、鎌倉の歴史や文化の紹介と 出土品などを展示する施設として2017年5月15 …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。