鎌倉御霊神社の面掛行列と人気の御朱印帳、力餅の由来について

お出かけ

鎌倉御霊神社の面掛行列と人気の御朱印帳、力餅の由来について

投稿日:2017年7月11日 更新日:


御霊神社は土地の神として祖先を祀る神社で全国にありますが、鎌倉の御霊神社は「権五郎さま」と呼ばれ地元の人に親しまれています。

鳥居の目前を江ノ電が通るので、最近は撮影スポットとしても人気です。

映画やドラマ「最後から二番目の恋」の舞台としても度々登場していましたね。

この御霊神社に面掛行列(めんかけぎょうれつ)というユニークなお祭りがあるのですが、どんなお祭りかご存知ですか?

スポンサーリンク

鎌倉 御霊神社の面掛行列について

御霊神社は武士の鏡といわれた鎌倉権五郎景正を祀っていることからまたの名を権五郎神社といいます。

毎年9月18日の景正の命日は御霊神社例大祭(9/12~9/18)で面掛行列が行われます。

これは神奈川県指定無形民俗文化財に指定されていて「はらみっと行列」ともいわれています。

 

爺、ひょっとこ、福禄寿、おかめ、鬼、鼻長、異形、翁、烏天狗、女の十の仮面を付けた人(すべて男性)が神輿の前を練り歩きます。

「おかめ」は妊婦で両手で抱えるようにして歩き、「女」はお産婆さんで、おかめを扇であおいだり、おかめのお腹をなでたりしておどけながら歩き、見物人を笑わせます。
見物人はそのおなかにふれて安産を祈願します。

源頼朝が隠れ里の娘を妊娠させて、その一族は素性を知られないように面をつけ、頼朝に仕えたのがはじまりとも伝えられています。

子孫繁栄や幸せを招くという意味から豊作を祝う意味にも通じるこの行事はそのユニークさからマスコミなどにも取り上げられることがあるようです。

これらのお面は江戸時代から使われていたもので、その中に鼻の長い福禄寿のお面があったので、御霊神社が鎌倉・江ノ島七福神のひとつに数えられるようになりました。

※福禄寿は幸福と財産と寿命とおめでたいものを全て授ける神として信仰されています。

面掛行列のときにつけるお面は境内の宝蔵庫に保存されています。

拝観料100円を宝蔵庫の館内にあるお賽銭箱に入れて見学できるようになっていました。

お面はとっても年期が入っていて面掛行列で使ったら壊れてしまいそうな感じ。。と心配になりましたが、

今はまた新たに作ったものを使っていて、展示のものはもう使っていないそうです。

鎌倉 御霊神社の人気の御朱印帳について

最近は御朱印ガールなんて言葉が作られるくらいお寺や神社を巡って御朱印を頂くことが若い女の人にも人気になっています。

御霊神社の江ノ電と名誉宮司の猫ちゃんが描かれた御朱印帳は隠れた人気(?)で、売り切れてしまい入荷待ちなんてこともあるそう。

確かに電車が描かれている御朱印帳ってかなりレアですよね。

江ノ電の御霊神社オリジナルの御朱印帳は1400円 御朱印は初穂料300円でした。

人生初めての御朱印を頂きました!

「御霊神社と福禄寿とありますがどちらになさいますか?」と聞かれ今回は御霊神社を選びました。

巫女さんがものすごい集中力と達筆であっという間に書かれたのにはびっくりしました。

名誉宮司の猫ちゃんも社務所の畳の上にごろんといらっしゃいましたよ^^

スポンサーリンク

鎌倉 御霊神社の力餅について

御霊神社の境内には社殿に向かって右側に
「袂石(たもといし)」(十六貫=60kg)と
「手玉石(てだまいし)」(二十八貫=105kg)
という鎌倉権五郎景正が手玉に取り、袂に入れたと伝えられる2つの丸い石があります。

御祭神景正公はこれらの石を軽々と持ち上げてしまう力持ちで、その力持ちにあやかろうとその石にお餅をお供えして参拝者にも配ったーという謂れからそのお餅を「権五郎の力餅」というようになったそうです。


写真右側の石が「袂石」左側の石が「手玉石」です。

御霊神社の参道に続く路地の入口には江戸時代から続く創業300年の和菓子屋さんがあります。

その名前が「力餅屋」さん。創業以来の銘菓の「権五郎力餅」はこの話にあやかってつけられています。

 

 

力餅家
鎌倉市坂ノ下18-18
tel:0467-22-0513
定休日:水曜日・第3火曜日
営業時間:9:00~18:00

まとめ

 御霊神社は鎌倉の寺社の中でもパワースポットとして人気があります。

路地の奥にひっそりと佇む神社を守るように樹齢約400年のたぶの木がそびえ、本殿の簡素な佇まいから静かなパワーを感じる神社です。

初秋の例大祭、とくに9月18日の面掛行列はユニークで必見ですよ。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鎌倉の鶴岡八幡宮でホタル鑑賞?蛍放生祭&ほたるまつりの日程

鎌倉の鶴岡八幡宮で毎年6月になるとホタルが見られるのですが、ご存知でしたか?結構知る人ぞ知るという情報かもしれません。 果たしてホタルが生息できるような環境が鶴岡八幡宮にあるのでしょうか? スポンサー …

鎌倉文学館の秋のバラの見頃はいつ?開花状況とイベントについて

  鎌倉の長谷にある鎌倉文学館は深い緑に囲まれた和洋折衷の洋館です。 鎌倉文学館は建物とともに海を望む広い庭園にあるバラ園が有名で、200種244株のバラが咲き誇ります。 秋の文学館はどんぐ …

クリスマスのデートは横浜の赤レンガ倉庫で!夜景とイルミネーションも紹介

クリスマスは思いっきりロマンチックなシチュエーションでデートしたいですよね。 スポンサーリンク 少しマンネリ気味のカップルも、横浜の赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットやイルミネーションを訪れれば、新鮮 …

府中くらやみ祭りの交通規制や駐車場について&祭りの口コミ情報

東京都府中市の大国魂神社で毎年GWに開催されるくらやみ祭り、そのネーミングに惹かれて一度はどんなお祭りなのか訪れてみたいと思っている方も多いことと思います。 くらやみ祭りは1000年以上の長い歴史があ …

鎌倉花火大会の見所とおすすめの場所は材木座海岸!

日本で開催される花火大会は年間数多くありますが、今日はローカル色豊かな鎌倉の花火大会を取り上げます。 鎌倉花火大会は2500発と小規模で、ローカル色豊なのですが、大規模な花火大会とは違ったほのぼのした …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。