鶴岡八幡宮の流鏑馬で有料席はある?場所取りは必要?招待席は?

お出かけ

鶴岡八幡宮の流鏑馬で有料席はある?場所取りは必要?招待席は?

投稿日:2017年7月12日 更新日:


狩りの装束で馬を走らせながら、馬上から3つの的を矢で射抜く流鏑馬、その勇壮さに心引かれる人も多いのではないでしょうか?

流鏑馬は日本各地で行われていますが、その中でも鎌倉の鶴岡八幡宮で行われる流鏑馬は、毎年多くの観光客が訪れています。

一度は見てみたい流鏑馬ですが、この日は特に観光客でごった返します。
できれば混雑のない席でゆっくり見学したいですよね?
この記事では席を事前に確保することができるのか?場所取りは必要か?についてご紹介します。

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮の流鏑馬を見るのに有料席はある?

鎌倉の鶴岡八幡宮では例年9月16日に例大祭の神事として流鏑馬が執り行われています。

鎌倉で流鏑馬を見る事が出来るのは、春の鎌倉まつり、秋の例大祭、10月の崇敬者大祭の三回です。

春の鎌倉まつりの流鏑馬は鎌倉観光協会主催で、有料席が被災地の復興支援の一環として用意されますが、秋の例大祭は鶴岡八幡宮が主催で、春の流鏑馬のような前売りの椅子に座って見られる有料席は残念ながら出ないんです。

一般観覧席で、前で見たい場合は早めにいって場所取りするしかないです。

ではどこで見るのが見やすいでしょうか?

鶴岡八幡宮の流鏑馬を見るのに場所取りは必要?


例大祭の流鏑馬は毎年9月16日と決まっています。

流鏑馬は午後1時から始まりますが最初は舞殿で流鏑馬神事が執り行われ、実際に馬が走るのは午後2時からになります。
終了は3時です。

一般の人が見れる見物席(無料)は的側(南側)で本宮に向かって参道左手と右手の鶴岡幼稚園のあたりになります。
馬は馬場元(東)から馬場末(西)へまっすぐに走ります。
的は140間(約254m)に三カ所です。

インヤーという掛け声と共に的に矢が的中するとパーンという乾いた音が広がり、視覚と聴覚の両方が刺激されるので、的近くでの見学はその迫力を尚一層に楽しめます。

スポンサーリンク

招待席は結構用意されているのですが、招待された人でない限り一般の無料席で見るしかないです。
一般席といっても椅子が用意されているわけではなく立ち見です。
シートなどでの場所取りはすぐに撤去されてしまいますので、場所取りをするなら必ずその場にとどまっていないといけません。
12時過ぎからすでに人がごった返すようになりますので、遅くとも11〜12時には行って場所取りする必要があります。
10時頃に行けば一般席でもよい場所を確保できると思いますが、待ち時間が長過ぎますよね。。

それから春の鎌倉まつりでは馬場慣らしといって、午前中に練習風景を見る事が出来たのですが、秋の例大祭のときも午前中にこの馬場慣らしがあるのかは定かではありません。

当日の流鏑馬は以下のような流れになります。

13:00~ 祭典(舞殿)
祝詞奏上
祭文奏上
玉串奉奠
神酒拝戴式
弓渡しの儀
13:50~ 馬場祓い(馬場)
馬場入り
14:15~ 騎射
流鏑馬
騎射挟物<平騎射>
14:55~ 退場

鎌倉の流鏑馬を招待席で見るには?

例大祭では招待席がありますので、招待席のチケットはどうやったら手に入るのか鶴岡八幡宮に問い合わせたところ、そこは地域の方々や関係者のための席だということでした。

一般の人の席の確保は午前中に行ってその場を離れずに席取りするしかないようですね。

但し、鶴岡八幡宮の槐の会(えんじゅのかい)に入っていれば、10月にある崇敬者大祭の流鏑馬の時に席の案内が来るそうです。

崇敬者大祭のときは一般席は例大祭のときより少なくなるようです。

槐の会は申し込めば誰でも会員になれるので、(正会員は年会費3000円)招待席でゆっくり見たい!という人は入会するのも手かもしれません。詳しくは鶴岡八幡宮のHPでご確認ください。
※槐の会とは?鶴岡八幡宮の外郭団体で伝統文化の振興や青少年のための育成活動などに取り組んでいます。崇敬者大祭もその一環の行事となっています。

まとめ

秋の例大祭では、有料席の販売はないことがわかりました。
前の方で、しっかり携帯の折畳み椅子に座って見たい!という方は11時くらいには行って、場所取りするという方法しかないですね。
一人では大変なので、二人以上で行ってその日は目的を流鏑馬だけにして、待ち時間も楽しむ気持ちで交代で場所取りをするのがいいかなと思います。
まだ9月は残暑が厳しいので、帽子や水分補給も忘れずに。
流鏑馬の開始時間が近づくにつれ人出も増えて席を離れることが難しくなるので、お手洗いも早めに済ませるといいですね。
流鏑馬を鎌倉の鶴岡八幡宮で見て来ました。混雑状況や場所取りは?
鎌倉鶴岡八幡宮の例大祭の日程と見所と宿情報

スポンサーリンク

-お出かけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鎌倉の蓮の見頃はいつ?鶴岡八幡宮の源平池、光明寺の観蓮会について

夏の花の代表といえば、蓮を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 水辺に咲く蓮の花と円形の大きな蓮の葉は涼を感じますよね。 家庭での栽培は容易でないので、季節になると蓮を見に行く …

鎌倉文学館のバラまつり2017見頃と開花状況は?

鎌倉の長谷にある鎌倉文学館は深い緑に囲まれた洋館で、春夏秋冬様々な植物で彩られますが、特に初夏はバラが美しく多くの観光客が訪れます。 スポンサーリンク 毎年開かれている「バラまつり」ですが、2017年 …

鎌倉で蛍を見た!鶴岡八幡宮の螢放生祭とほたるまつり

鎌倉の鶴岡八幡宮でホタルを見てきました。 毎年6月に開催されている螢放生祭です。 闇夜に優しく光るホタルの光、とてもきれいでした! スポンサーリンク

鎌倉で写経を体験してみたい!おすすめは?写仏なら長谷寺へ

首都圏から日帰りで旅行気分を楽しめる鎌倉で特別なことを体験してみたい!という方に〜写経はいかがでしょうか。 墨の匂いと凛とした空気の中で、無心になってお経を書き写してみませんか? スポンサーリンク ど …

宮ヶ瀬イルミネーションの見どころや期間、アクセス、駐車場について

スポンサーリンク 神奈川県の宮ヶ瀬湖(水の郷エリア)で毎年開催されている「宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい」は、宮ヶ瀬イルミネーションとして人気があり、毎年多くの人々が訪れます。 例年25万〜30万人が …

自己紹介

こんにちは!
カミツレ手帖の管理人のマーコです。

日々湧き起こる小さな疑問を
この手帖で解決してもらえたら
そんなにうれしいことはありません。

この手帖があなた様のお役に立てますように。